梅雨対策 キャンペーン中、 オール電化、地デジ、アンテナ工事、太陽光発電など設備工事なら安心施工,低価格の兵庫県神戸市の丸山電工にお任せ!        .

HOME ll 神戸市兵庫区 「有限会社 丸山電工」 家電・オール電化・太陽光発電・地デジ
オール電化オール電化
オール電化とは
オール電化のメリット
太陽光発電太陽光発電
太陽光発電
地上デジタル放送地上デジタル放送
地デジ
インフォメーションインフォメーション
会社概要
リンク集
よくある質問
お問い合わせ
ブログ

 よくある質問
 

 太陽光発電でよくある質問
 パネルが汚れたり、掃除が必要になったりしないの?
砂塵、土砂などの汚れは、傾斜があれば降雨により流されるため、掃除はほとんど必要ありません。また、ガラス面の汚れによる発電効率の低下は約3%と微かです。

 パネルの重さで家に負担はかからないの?
システム全体で重さは約300kg前後です。大人が4、5人屋根の上に乗ったのと同じくらいとお考えください。パネルは平たいものなので、一部に加重するものではなく、分散されます。それで家がつぶれるということであれば、日常生活にも支障をきたすものです。ですので、システムを設置したからと言って、家がつぶれる、傾くということはまずありません。

 停電したときには使えるの?
晴天の昼間であれば専用コンセントから最大1500Wまで使えます。なお、発電量は気候により変動し、使用している機器の負荷よりも発電量が少ないときは運転は停止します。

 家が海の近くです。潮風によって錆びません?
海岸線より500m以内の地域などで、季節風や潮風により塩害の恐れがあると予想される「指定塩害地域」であれば、「塩害対応モジュール」が使用されます。

 電気が発電していないときってあるの?
当然、太陽が出ていない夜間は発電はできません。その場合は従来通り電力会社から電気を買って使用することになります。だから、夜間の電気代が65〜70%割引になる「時間帯別電灯契約」が役立ちます。

 
 オール電化でよくある質問
 オール電化住宅とは、どんな家のことなの?
「オール電化住宅」とは原則的に電気以外の熱源を使っていない住宅のことです。
従来ガスを燃料としていた調理機器と給湯機器を、電気式に切り替えるのが基本となります。

 オール電化住宅では、どんな機器が必要なの?
給湯では電気温水器やエコキュート(ヒートポンプ式給湯機)、調理では200V電源のクッキングヒーター(IHが一般的になっていますが、ハロゲンなどでも可)、主暖房では電気暖房機(エアコン、蓄熱式暖房機、床暖房など)といった機器が必要になります。

 どうして「オール電化」がいいのですか?
最近の住宅は、高気密・高断熱化が進んでいます。省エネ性に優れて、快適に生活が過ごせますが、半面、自然な換気が行いにくいため、強制的に換気を行うシステムが必要になっています。
高気密・高断熱住宅では、できるだけ屋内の空気を「汚さない」工夫をすることがポイントとなります。

これまでの機器よりも二酸化炭素の発生を抑えられるIHクッキングヒーター、エアコン、蓄熱式暖房機、電気床暖房機などは、まさに最近の住宅に適した設備といえます

 オール電化にする場合、イニシャルコストが高いのでは?
IHクッキングヒーターやエコキュートなどの機器代は、ガス機器よりも高めですが、燃焼部分がないことで、平均耐用年数はガス機器より長持ちします。イニシャルコストだけで判断せず、毎月の光熱費(ランニングコスト)の差を考えてご検討ください。
10年間で考えると、トータルではかなりお得になる可能性が高いと思います。

 システムキッチンのガスコンロをIHクッキングヒーターに取り替えられますか?
IHクッキングヒーターは、システムキッチンなどのコンロ置き場の規格サイズ(幅60)にぴったり合わせたビルトインタイプと、据え置き型タイプがあり、ほとんどのキッチンで簡単に取り付けることができます。
ガスコンロとの入れ替えでは、設置以外にも200Vの電気配線工事が必要になりますので、詳しくは当店にご相談ください。

 既築マンションでもIHクッキングヒーターに入れ替えられますか?
マンションなどの集合住宅の場合、各住戸で使える電気の最大容量が、管理組合などで決められています。IHクッキングヒーターを導入する場合、新たに20〜30アンペアの電気を使用することになりますので、現在の契約内容と比べて最大電気容量に余裕があるかどうかがポイントです。
電気容量に余裕がない場合でも、ピークカット分電盤を併用するなどで導入できるケースもありますので、まずは電力会社にご相談ください。

 オール電化住宅にすると光熱費が安くなるって本当ですか?
ほとんどの場合は、オール電化にすると光熱費が安くなります。
それは、オール電化住宅に最適な「季節別時間帯別契約」や「時間帯別契約」が電力会社の料金契約メニューに用意されているからです。
また、光熱費の大きな割合を占める給湯は、電気代が大幅に安くなっている夜間にお湯を沸かすことや、ガスの基本料金が不要になることがあげられます。
料金契約メニューは、電力会社のパンフレットやホームページなどでご確認下さい。

 
 地上デジタル放送よくある質問
 地上デジタル放送でも、B-CASカードが必要ですか?
2004年4月から、民放やNHKが、著作権保護の目的でコピー制御信号を放送波に付加していますので、B-CASカードがないと視聴することができません。 受信機器には必ずB-CASカードを挿入してご覧ください。

 地上デジタル放送は、DVDレコーダーに録画できますか?
デジタル放送をハードディスク(HDD)に録画した後、DVDなどのリムーバブルメディアへ9回までコピーできます。
10回目はムーブとなり、HDDに記録したオリジナルの放送番組は消去されます。
この方式を「ダビング10(テン)」と呼びます。

 地上デジタル放送をハイビジョン画質で録画できますか?
ハイビジョン画質で録画するには、ハイビジョン録画機能をもつHD DVDレコーダー、ブルーレイディスクレコーダー、ハードディスクレコーダー、D-VHSで録画すれば、デジタルハイビジョン放送の高画質・高音質をそのまま録画することができます。ただし、ハードディスクレコーダーには、ハイビジョン録画機能があるものとないものがありますので、カタログ等でご確認ください。
なお、ハイビジョン画質で番組を楽しむには、録画機器をハイビジョンテレビに接続してください。
(注)ハードディスクレコーダーにハイビジョン画質で録画した番組をDVDにムーブ(移動)すると標準画質になり、ハードディスクレコーダーに記録された番組は消去されますので、ご注意下さい。

 地上デジタル放送でも、今のUHFアンテナは使用できますか。
地上デジタル放送は、UHF帯域のチャンネルを使って放送されます。現在お使いのアンテナが、このチャンネルに対応しているのであればそのままお使いいただけます。
アンテナの向きについては、現在お住まいの地域のデジタル放送の送信所が、地上アナログ放送と同じ方向の場合は、そのままの向きで地上デジタル放送を受信できますが、送信所の方向が違う場合は、もう一本地上デジタル放送用のUHFアンテナを設置する必要があります。

 地上デジタル放送のサービスは何がありますか?
<デジタルハイビジョン>
HD(High Definition)TVとも呼ばれ、 画質の精細さを示す走査線の数が、従来のテレビの2倍以上あります。このため、色彩も美しく、細かいところまでくっきりと見えるので、臨場感あふれる鮮明な映像を楽しめます。
また、画面の横と縦の比率が、現行の地上アナログ放送の4:3の画面に比べ、人間の視野に合う16:9になっているので、迫力のある画面で迫ってきます。
<5.1chサラウンド>
デジタル放送の音声はCD並みの高音質です。特に5.1chサラウンド放送では、※専用のアンプと6個のスピーカーで臨場感のある音声が楽しめます。尚、対応番組については、EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄などでご確認いただけます。
※MPEG2-AAC対応
<データ放送>
地域に密着したニュースや気象情報・災害情報など、生活に役立つ便利な情報を、リモコンのdボタンを押すだけで「文字情報」や「静止画」で、見たいときにいつでも見ることができるサービスです。また、番組内容と連動しているデータ放送が行われている場合もあります。例えばドラマなら、番組を見ながら、あらすじや登場人物を確認したり、スポーツなら、試合経過や選手紹介などを見ることができます。
<EPG>
EPGとは「Electronic Program Guide」という電子番組表のことです。リモコンでEPG(電子番組表)ボタンを押すとテレビ画面にその日から1週間の番組表が表示されます。放送時間や出演者など、最新の番組内容の表示や検索、番組予約を行うことができます。
<字幕放送>
字幕放送とは、セリフやコメントを文字テロップで表示するサービスです。地上アナログ放送の場合は、特別なアダプターが必要でしたが、デジタル放送では受信機の標準機能として、字幕放送を見ることができるようになりました。字幕放送番組については、EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄でご確認いただけます。
<双方向>
受信機に※電話回線やインターネット回線をつなぐことにより、テレビ局と双方向に情報のやりとりができるようになる機能です。リモコンの操作でクイズ番組に参加したり、テレビショッピングなどを気軽に楽しむことができます。
※別途、通話料が必要となる場合があります。
<マルチ編成>
地上デジタル放送では、ハイビジョン1チャンネル分で、現行のアナログ放送と同じ標準画質(SD)の2〜3番組を同時に放送することができます。これにより、例えばスポーツ中継の延長時などに、メインチャンネルで時間通りドラマを放送しながら、サブチャンネルでスポーツ中継を引き続き行うことも技術的には可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・サイトマップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     HOME
     ├オール電化|オール電化とはオール電化のメリット
     ├太陽光発電|太陽光発電
     ├地デジ│地デジ
     └インフォメーション│会社概要リンク集よくある質問お問い合わせ


COPYRIGHT(C)2009 丸山電工. ALL RIGHTS RESERVED.